ペットが車にお漏らししてしまった時の対処法

令和4年11月13日リライト

お車に大事なワンちゃんや猫ちゃん、
お車に乗せる機会が多い方、必見です。

愛犬・愛猫を連れてドライブや病院へ行く際、
ペットシートを用意して気を付けていても、

「シートを外しておしっこなどの粗相をしてしまった」

という急な出来事があるかと思います。

今回は愛車での大切なペットの粗相に
対応する方法をご紹介していきます。

車内 犬 お漏らし おしっこ 粗相

ドライブ中に注意したいこと

ドライブなどのお出かけの際に
気を付けたいことは
車内の換気や温度、日差しです。

直射日光がカーシートやケージに当たり続けると、
それらの温度が上昇します。

車の荷台にケージやキャリーでペットを乗せる場合、
風通しの具合や、その場の室温も
気にかけておくと良いですね。

長距離の移動の場合、
大切なワンちゃん・猫ちゃんのために
必ず休憩を取りましょう。

時間としては1~1時間半に1回程度を
目安に休憩すると良いです。

水分補給も忘れず行いましょう。

ペットのお漏らし・応急処置

大事なワンちゃん・猫ちゃんが
車内でおしっこなどの粗相をしてしまった場合、
まずおこなうべきことは、
おしっこ等を素早く取り除くことです。

タオルやティッシュなどでカーシートをトントン叩き、
出来るだけおしっこを吸い取りましょう。

【ご自宅にて】車内のおしっこの清掃に必要なもの

ご用意いただくものは、以下の4点です。

・スプレー容器
・クエン酸(小さじ2分の1)
(クエン酸はワンちゃん・猫ちゃんが
 その後舐めても安全なように食品用がおすすめです。)
・ぬるま湯(100mL)
・雑巾

多く必要な場合は倍量でご準備ください。

車内のおしっこ清掃方法(ワンちゃん・猫ちゃん)

①上記にあるものをご用意ください。

②クエン酸をぬるま湯に溶かします。
水100mLに対し、クエン酸約小さじ2分の1の割合で
溶かしましょう。(グラムにすると約3gです。)

クエン酸は水に溶けやすい粉ですが、
ぬるま湯に溶かすと、より溶けやすいです。

③スプレー容器に移し、おしっこの場所に吹きかけます。
スプレーを吹きかけたあとも、
軽くタオルでトントン叩いてください。
(カーシートと液体をなじませるため)

酸性のクエン酸と
アルカリ性のアンモニアで中和をするため、
消臭効果が期待できます。

車内おしっこの清掃における注意点

①おしっこの量によっては、
クエン酸スプレーだけではニオイが
取れないことがございます。

②おしっこをされた場合、
そのままにせず、早めの対処を行うと
よりニオイが取れやすいです。

③上記の方法でニオイが消えた場合でも、
おしっこ自体が取り除かれたわけではないため
おしっこの跡が残る場合がございます。

おしっこの跡やニオイを消すためには?↓

車内でおしっこしてしまった場合は
シートクリーニング業者へ!

大切なお車をきれいに気持ちよく乗るためには
おしっこの量に関わらず、シートクリーニングを
おすすめいたします。

大事なワンちゃん・猫ちゃんのおしっこのニオイ、
完全にスッキリします!とは言い切れませんが、
シートクリーニングを行うことによって
ニオイは確実に軽減します。

大切なお車、そして愛するワンちゃんや猫ちゃんのためにも、
シートクリーニングでスッキリしませんか?

Follow me!